smbcとプロミス、お金を借りるならどっち?

smbcとプロミスのキャッシングについての比較ですが、実はsmbcというのはグループの名称であり、この傘下にプロミスが存在します。つまりは、同じ立場の両者を比較すること自体がナンセンスだといえます。
しかし、smbcの傘下には、三井住友銀行が存在しますので、このカードローンと比較することが可能です。
どちらかを選ぶとするなら、三井住友銀行のカードローンが圧倒的に有利です。4.0%~14.5%の低金利、最高800万円の利用限度額、どちらを見ても三井住友銀行の方が優れています。
三井住友銀行のカードローンは総量規制対象外ではありますが、本人に安定収入がなければ申し込めませんので、専業主婦は不可となっています。この部分がデメリットだともいえますが、消費者金融の立場であるプロミスも同じように専業主婦への貸出を行っていないため、両者を比較する場合には特にデメリットにはなりません。
申し込み手段に関しても、どちらかが有利ということはありません。三井住友銀行のカードローンは銀行系では珍しく、無人契約機で申し込みからカード発行まで行えるようになっています。
審査時間は最短30分で済みます。素早く銀行系のカードローンを利用できるのが、非常に優れた部分です。
返済額に関しては三井住友銀行のカードローンの方が、最低支払い金額が高くなっています。月々の余裕があまりない人には厳しいものの、早く利用残高が減るため利息の負担が大幅に減るメリットがあります。