家を売る理由で一番多いのは?

家を売る理由としてはその所有者に何かしらの理由が発生しますが、最も多い理由として、「もっと良い条件で住み変える為」が上げられるでしょう。
家を所有している人の多くが団塊の世代でこれから退職に向かって行くわけですが、これまでの夫婦と子供の家族から子供が成長して巣立っていき、残された夫婦が老後の生活を送る上で、広すぎる住まいや段差が多い住まいなどバリアフリーに特化していない家ではこの先立て直しや住み替えが必要と感じている人も多く、コンパクトなフラットの間取りのマンションへ住み変えるといった熟年夫婦が売却するケースが増えています。この他にも都心部などアクセス等を重視したり、家族が増えて手狭になった住まいから条件面で良い場所へ移動するという人も多いでしょう。
一方でやむを得ず手放すという理由もあります。転勤、離婚や資金不足など予想外の人生設計にローンが返せないといったパターンも近年増えています。離婚は夫婦共働きで購入した場合にはどちらかがいなくなる事で支払いが回らなくなる事はもちろん、家族が出ていくので広い間取りでは広すぎるといった事も売却する原因にもなっています。返済が滞るリスクは大黒柱が病気になる等想定外の事件が重なる事で起こりうるものです。貯蓄を頭金にすべてつぎ込む事は避け、ある程度貯めておく事もリスク回避になるでしょう。またマンションの場合には近隣トラブルで居づらくなったケースもあります。
家を売るために|売却時に失敗しないためのポイント【まとめ】はこちら