サラ金へ就職する人へ

現在は就職氷河期と言われ、就職活動に苦戦していらっしゃる方も多いです。景気が上向きになって来たのは事実ですが、まだまだ社員になるのが厳しい時代にあります。そんな仕事を探す人達へサラ金という仕事の紹介をします。サラ金金利というとお金を貸すというイメージがあります。しかし実際の業務はそれだけではとどまらないです。

まず業務紹介の前に、社員になる際には共通の条件があるのでそちらの方を先に紹介いたします。まず最初の条件としては保証人を立てることがあります。これはお金を預かるという責任のある仕事に就くためには必要な事で、保証してくれる人間がいるのです。家族から一名と近い親等から一名の計二名必要です。次は最も重要な条件です。

それは家族の中にサラ金で借り入れしている人が一人もいないということです。また、クレジットカードや銀行関係のブラックリストに載っている人がいてもダメです。こちらもお金を扱うという事で、そのようなお金に対して何かある人は働けません。この前提条件を満たして面接に望み、合格となれば晴れて採用されるのです。

業務は電話をすることが多く、電話の相手は上客への営業や返済遅延者への催促、また利用者以外では弁護士や役所等への電話も多いです。お金を取り扱う仕事なので色々と法律等に気をつけながら業務を行っていきます。他にはノルマ達成の為に宣伝のティッシュ配りをしたりといったこともありますうが、接客業という面が強いです。